琉球ガラス工房海風 / グラスアート青い風のゆんたくはんたく

沖縄県読谷村にある琉球ガラス工房海風、
そしてグラスアート青い風。

ここでは、100種類以上もの組み合わせが
可能な吹きガラス体験、バーナーを使って
のトンボ玉アクセサリー作り体験(青い風
のみ)などができます。

サトウキビ畑に囲まれた海風に行っても、
目の前に東シナ海の広がるグラスアート
青い風に行っても、沖縄に来たなぁ〜!
と大満足していただけるでしょう。

そんなガラス工房の楽しい仲間と美しい
作品の紹介を中心に書いていきたいと思
います。
ドラマはほんものの中にある。
0
    2016年もそろそろ締めくくりの時期に入ってきました。

    この1年、琉球ガラスを通して素敵な出会いをさせていただきましたこと、
    心より御礼申し上げます。

    「沖縄の心や風土を含み持った沖縄で作られた本物の琉球ガラス」。

    そこで展開される、師と弟子の真剣な対話、
    連綿と受け継がれる、琉球ガラスの世界で交わされる言葉、
    そこに魅了されて私は今の仕事をしています。

    この世界がなかったら、
    自分は居場所を失ったまま放浪していたかもしれません。

    (本物の琉球ガラスの見分け方については こちら をご覧ください)


    これまで、琉球ガラスを通して
    本当に多くの方々とたくさんのドラマを描かせていただきました。


    東日本大震災があったとき、

    瓦解した家から、ご主人から奥様へ初めての「プレゼント」として贈りものした
    海風のグラスだけは奇跡的に無事であったとのご連絡をいただいたこと。

    震災直後に予定していた披露宴で引出物を制作させていただいたとき、
    奥様が住む町が大変なことになっており、
    生存確認をさせていただいたこと。

    そのときは、沖縄に住む旦那さんが、必死で福島に向かい、
    再会したときの笑顔の写真を送っていただき、思わず涙したこと。


    「新婚さんいらっしゃい」をご覧になったご縁で、
    今日にいたるまで親しくさせていただいているご婦人。
    そこでいただいた夫婦円満の秘訣や、子育てについてのご相談なども、
    させていただきました。


    もしあのとき……。

    もし、あのとき、10数年前、まだこじんまりとした琉球ガラス工房に
    起居させてもらい、
    職人さんたちと触れ合い、
    そのときに得た宝のような言葉の数々に出会っていなければ、
    そんないくつものドラマにあうこともなく、
    ぼくはとうの昔に死んでいたでしょう。

    大げさではなく、
    野ざらしの工房で過ごした「宝のような日々」があったればこそ、
    琉球ガラスの持つ魅力を感じることができましたし、
    それを伝えていく使命が自分にはあるのだと感じたのでした。

    それは、
    「第4回おきなわ文学賞」でエッセイ「風を読む~風土に培われる琉球ガラス」を
    発表(沖縄県文化振興会理事長賞受賞)する動機にもなっておりますし、

    2次選考で落ちましたが、
    昨年は「文學界新人賞」に琉球ガラス職人を主人公にした小説を書く動機にも
    なっております。

    ほんものでなければ語れないものがあります。
    どんな美辞麗句を並べても適わない、
    ほんものの持つ魅力を自分はまだまだ伝えきれていないのかな、
    と思うところもあります。

    こうした「世界」があることに、
    自分は感謝しておりますし、もっと広めていくべきだと感じています。

    そうすれば、日本も変わるし、世界を変えていくこともできるかもしれない。

    真剣で、そして楽しく、ガラスとむきあう職人、そして見習いのなかに、
    そしてそれを手にされるお客様の中に、
    息づいているドラマをもっともっと発信していかなければならないと感じています。

    さて、そんな海風ですが、現在、琉球ガラス制作見習、職人、スタッフを募集中です。
    詳しくは こちら をご覧ください。

    一緒に、新しい琉球ガラスの世界を拓いていきたいと思う方は、ぜひご応募ください。
    | umikaze-glass | - | 17:38 | - | - | - | - |
    女性に人気の琉球ガラス・クリスマスギフト3選
    0
      こんにちは。
      今日は小春日和の、ポカポカ陽気の沖縄です。


      沖縄県読谷村にあるふたつの琉球ガラス工房、

      琉球ガラスの海風
      Glass Art 青い風


      そのネットショップ、

      琉球ガラスの海風ギフト引出物shop

      から店長・佐々木でございます。


      前回、男性に人気の琉球ガラス3選をご紹介させていただきましたが、
      大変ご好評をいただきましたので、
      今回は、女性に人気の琉球ガラス・クリスマスギフト3選をご紹介させていただきます。


      季節を問わず、
      女性に人気の琉球ガラスは、ピンク、泡ガラス系が挙げられます。

      柔らかな光を湛えるグラスには、琉球ガラスがもつ「ほっこり感」を
      さらに増した魅力に仕上がります。


      では、

      その1 花咲キ誇ル丸グラス



      制作は、
      沖縄県工芸士第109号の佐藤郁美になります。

      佐藤郁美の作品の特徴は、繊細な色づかいにあります。
      これも淡いピンクのタルグラスに、白とピンクのカレットを重ね、
      やさしい色づかいが魅力的です。

      甘酒や、お子様でしたらカルピスなどを入れたら
      飲みものの味も引き立つように思います。



      その2 泡桜




      その名の通り、泡ガラスに桜を模した大柄なピンクの模様が印象的です。
      こちらも沖縄県工芸士109号・佐藤郁美の制作です。

      佐藤曰く、日本酒やワインをいただくのに向いている、とのこと。
      柔らかな曲線に、香りが残る設計をしているところがポイントです。



      その3 花あかり




      もともと海風UMIKAZEにあったグラスに、
      取っ手をつけたタル型のグラスです。

      女性スタッフの提案により、生まれました。

      アイスティを入れたらおしゃれなカフェ気分を味わえます。


      以上、女性に人気のクリスマスギフトアイテムをお届けしました。


      素敵なクリスマスをお過ごしくださいませ。
      | umikaze-glass | - | 14:36 | - | - | - | - |
      男性が思わずグッとくる琉球ガラス・クリスマスギフト3選
      0
        12月も上旬を過ぎ、寒さも増してまいりました。

        東京出身の私ですが、
        10数年沖縄にいると、もうこの季節は沖縄でも「寒い」と感じます。

        それがまたクリスマスムードを高めていくのですけれども。

        こんにちは。

        沖縄県読谷村にあるふたつの琉球ガラス工房、

        琉球ガラスの海風
        Glass Art 青い風


        そのネットショップ、

        琉球ガラスの海風ギフト引出物shop

        から店長・佐々木でございます。


        実店舗も、クリスマス色に変身。




        実店舗では、ワイングラスも販売させていただいております。


        さて、今日は男性が思わずグッとくる琉球ガラスギフト3選をご紹介させていただきます。


        UMIKAZEの商品は男性うけする商品も多いのですね。


        男性うけするグラスその1は、当店でも不動の人気を得ている、
        沖縄県工芸士第77号・松田省吾謹製の、「残波の夕日」です。



        レビュー総数45件、総合評価5段階中、4.76! ちょっと小耳にお入れいたしますと、今なら楽天ポイント3倍です。


        多くのお客様から、感嘆の声を頂戴しております。

        ビールを注ぐと、沖縄の絶景・残波の夕日が完成します。

        そのさまを目の前で見たら、「今日も1日ご苦労さま」な、ほっこり感がじんわりとやってきます。

        またこのグラスの魅力は、焼酎、泡盛を注いでも、また違う表情を見せてくれるところです。
        その秘密は、底部の「海」を表しているエメラルドグリーンにあります。


        その日の気持ちで、入れるものを変えて楽しめるグラスです。



        男性が思わずグッとくるクリスマスギフトその2は、
        沖縄県工芸公募展で2度の奨励賞を受賞した、グラスアート青い風工場長・恩蔵善教謹製の、
        テラスロックグラス」です。



        黒い琉球ガラスベースに、
        青、水色、黄緑の色の透かしを入れています。

        それぞれ、月光の道、灯台の明かり、電照菊の明かりという、
        工房のある読谷村の風物詩を、「照らす」という1語で表現したグラス。

        魅力は何と言っても、側面から光を受けてなかの氷や、入れものが輝くところです。

        詳しくは、商品ページをご覧ください。
        きっと魅了されますよ!



        男性が思わずグッとくるクリスマスギフトその3は、
        沖縄市工芸フェア・グッドデザイン賞を受賞した、琉球ガラス工房海風工場長・佐藤慎謹製の、
        海想~二ライへの想い」です。




        海好きな男性なら、
        海中から水面を見上げたあの感動的な沖縄の海を思い出して、

        さ、次はいつ沖縄に行くか!?

        と盛り上がるはず。

        沖縄旅行をおねだりするときにも使えそうなアイテムですね(笑)。


        いずれも、沖縄県読谷村に位置する私たちの工房ならではの、
        沖縄の風景、詩情がつまったグラスです。


        素敵なクリスマスをお過ごしくださいませ。
        | umikaze-glass | - | 17:17 | - | - | - | - |
        楽天スーパーセール開催中♪ 引出物なら店内ALLポイント10倍のいまがお買いどき!!
        0
          今日は冬の中でも、幾分暖かい沖縄です。

          沖縄県読谷村にあるふたつの琉球ガラス工房、

          琉球ガラスの海風
          Glass Art 青い風


          そのネットショップ、

          琉球ガラスの海風ギフト引出物shop

          から店長・佐々木でございます。

          楽天スーパーセールが始まりました。


          琉球ガラスの海風ギフト引出物shop 楽天市場店も、店内ALLポイント10倍、

          送料無料福袋、10セット以上の購入で送料無料、最大15パーセントオフになる引出物、

          一品物ALL10%オフで「お客様感謝祭」を行なっています。

          詳しくは、バナーをクリックしてみてください。







          楽天スーパーセールは、8日午前1:59まで!


          特におすすめなのは、
          この時期に琉球ガラスの引出物をお考えのお客様には、ポイントが10倍もつく今が「お買いどき」!


          沖縄県読谷村でつくられた本物の琉球ガラスをお求めのお客様、
          今がチャンスです!

          ぜひ楽天スーパーセールで楽しいお買いものをされてくださいませ♪
          | umikaze-glass | - | 12:08 | - | - | - | - |
          惚れ込ませる仕事
          0
            こんにちは。
            今日は雨降りの沖縄です。


            沖縄県読谷村にあるふたつの琉球ガラス工房、

            琉球ガラスの海風
            Glass Art 青い風


            そのネットショップ、

            琉球ガラスの海風ギフト引出物shop

            から店長・佐々木でございます。


            まずは告知からです。




            年に1度のお楽しみ、

            お正月福袋

            が、今日より発売になりました。

            なんと、当店人気商品・残波の夕日グラス(3240円)が、必ず1つ入って、
            当店未発表の作品も含み、グラス8個の詰め合わせが、
            送料無料で、

            9999円!!


            すみません、今年は15セットしかご用意できませんでしたが、
            今年1年、本物の琉球ガラス・海風の琉球ガラスを愛してくださっているお客様に
            感謝をこめてお届けいたします。

            「お正月福袋」として販売させていただきますが、
            お正月が来る前に売り切れてしまったら申し訳ござません。


            ※ほんものの琉球ガラスの見分け方については、こちら を参照ください。


            もう一つ、告知をさせていただきます。

            琉球ガラス工房海風・グラスアート青い風では、職人、職人見習い、店舗スタッフを募集中です。

            詳しくは、こちら をご参照くださいませ。



            さて、我が家の5歳の娘ですが、
            最近、ガラスに興味を持ち出したみたいです。

            職場に来ては、職人さんたちのガラスを作る姿に惚れ込み、

            「かっこいいっ!」

            と連呼。家に帰ってからも、ガラス作りたいっ♪ と言っています。


            琉球ガラスを生きつづけさせるためには、
            こうした、「惚れ込ませるような仕事」であることが必要です。




            沖縄の地域性、風土、思想性、そういうものが作り手の中にあり、
            それを発信しつづけることが大事です。


            さまざまな意味で注目を浴びる沖縄。
            そこで何を訴え、何を伝えていくべきなのか作り手もこの沖縄にありながら思索しています。


            こうした努力が報われる社会を実現させていかねばならない、と感じる日々です。
            | umikaze-glass | - | 16:20 | - | - | - | - |

            一番上へ