琉球ガラス工房海風 / グラスアート青い風のゆんたくはんたく

沖縄県読谷村にある琉球ガラス工房海風、
そしてグラスアート青い風。

ここでは、100種類以上もの組み合わせが
可能な吹きガラス体験、バーナーを使って
のトンボ玉アクセサリー作り体験(青い風
のみ)などができます。

サトウキビ畑に囲まれた海風に行っても、
目の前に東シナ海の広がるグラスアート
青い風に行っても、沖縄に来たなぁ〜!
と大満足していただけるでしょう。

そんなガラス工房の楽しい仲間と美しい
作品の紹介を中心に書いていきたいと思
います。
<< 知ってました? 市場に出回っている8~9割は偽物だということを。本物の琉球ガラスの見分け方3つのチェックポイント | main | 楽天スーパーセール開催中♪ 引出物なら店内ALLポイント10倍のいまがお買いどき!! >>
惚れ込ませる仕事
0
    こんにちは。
    今日は雨降りの沖縄です。


    沖縄県読谷村にあるふたつの琉球ガラス工房、

    琉球ガラスの海風
    Glass Art 青い風


    そのネットショップ、

    琉球ガラスの海風ギフト引出物shop

    から店長・佐々木でございます。


    まずは告知からです。




    年に1度のお楽しみ、

    お正月福袋

    が、今日より発売になりました。

    なんと、当店人気商品・残波の夕日グラス(3240円)が、必ず1つ入って、
    当店未発表の作品も含み、グラス8個の詰め合わせが、
    送料無料で、

    9999円!!


    すみません、今年は15セットしかご用意できませんでしたが、
    今年1年、本物の琉球ガラス・海風の琉球ガラスを愛してくださっているお客様に
    感謝をこめてお届けいたします。

    「お正月福袋」として販売させていただきますが、
    お正月が来る前に売り切れてしまったら申し訳ござません。


    ※ほんものの琉球ガラスの見分け方については、こちら を参照ください。


    もう一つ、告知をさせていただきます。

    琉球ガラス工房海風・グラスアート青い風では、職人、職人見習い、店舗スタッフを募集中です。

    詳しくは、こちら をご参照くださいませ。



    さて、我が家の5歳の娘ですが、
    最近、ガラスに興味を持ち出したみたいです。

    職場に来ては、職人さんたちのガラスを作る姿に惚れ込み、

    「かっこいいっ!」

    と連呼。家に帰ってからも、ガラス作りたいっ♪ と言っています。


    琉球ガラスを生きつづけさせるためには、
    こうした、「惚れ込ませるような仕事」であることが必要です。




    沖縄の地域性、風土、思想性、そういうものが作り手の中にあり、
    それを発信しつづけることが大事です。


    さまざまな意味で注目を浴びる沖縄。
    そこで何を訴え、何を伝えていくべきなのか作り手もこの沖縄にありながら思索しています。


    こうした努力が報われる社会を実現させていかねばならない、と感じる日々です。
    | umikaze-glass | - | 16:20 | - | - | - | - |

    一番上へ